今回は三島市に来ています。

I様邸にて雨といの詰まりの修理です。

さっそく屋根の先端にある軒樋に水を流したところ、溢れてきました。

今回の詰まりの場所は たて樋とわかり、早速作業に取りかかります。

たて樋に専用のブラシを入れても無理だったので 仕方なくたて樋の途中を切断します。

上下から 掻き出し押し出し…

無事に流れるようになりました。

これで安心です。

雨樋の詰まりをそのままにしておくと

本来濡れなくても良い壁まで水浸しになってしまい、その水分は壁の塗装や壁材を痛める原因となります。

木材の壁だった場合、湿気がこもって壁が腐ってしまうかもしれません。

湿気が原因で壁にカビやシロアリが発生する可能性もあります。

さらに、本来排水口に流れていくはずだった水が適切な場所に排出されないと、地面の水はけ次第では軒下が洪水状態になってしまい、最悪の場合基礎(土台)や床下に水が流れ込むおそれもあります。

雨の日は外に出て雨樋などを見る機会が少ないと思いますが、
確認していただくことをお勧めします。

雨樋の修理・交換・清掃など

お気軽にご相談ください。


雨といの修理・雨漏りの修理は富士市のルーフジャパンへお任せください